ルイ・ヴィトンが、パリとニューヨークの対話にインスピレーションを得た2020 クルーズ コレクションを発表。

ファッション & レザーグッズ

·

旅はルイ・ヴィトンのアイデンティティの礎。そして旅はいつでも出発から始まります。ルイ・ヴィトンのウィメンズ・アーティスティック・ディレクターをつとめる二コラ・ジェスキエールがデザインした、2020 クルーズ コレクションがニューヨークで公開。会場で待ちわびる観客たちの熱気に包まれながらファッションショーは幕を開けました。

旅立つ前の高揚感へのオマージュとしてスタートしたルイ・ヴィトン クルーズ ファッションショーは、20年前に閉鎖された、ジョン・F・ケネディ国際空港の歴史的建造物であるTWAフライトセンターへ、搭乗客を迎え入れました。建築家エーロ・サーリネンがデザインし、1962年に竣工したターミナルは、宇宙開発をイメージした近未来的なデザインで「ジェット機時代」を象徴する建築物です。ジャングルの様相を呈する青々とした草木に彩られたターミナルを見た観客が連想させたのは、自分が今世界で最も大規模なアーバンジャングルの玄関にいることです:ニューヨークシティ。

© Louis Vuitton

ルイ・ヴィトンのウィメンズ・アーティスティック・ディレクターである二コラ・ジェスキエールがクルーズ コレクションを手掛けるにあたりイメージしたのは、ニューヨークとパリの対話。初となる大西洋横断に連れ添ったルイ・ヴィトンが、光の都市からビッグアップルへと旅した記憶が元になっています。ファッションショーは、ウォールストリートで目にすることの多いユニフォームやパリのエスプリあふれるクチュールなど、ニューヨークのアンダーグラウンドファッションとフランスのエレガンスが交錯する構成でした。ニューヨークを代表する建造物をモチーフに取り入れたデザインのコートがあるかと思えば、エンブロイダリーやブロケードなどルイ・ヴィトンのサヴォアフェールの見本ともいえる作品も登場しました。

© Louis Vuitton

ニューヨークに到着した観光客が抱く期待感が、未来のファッションを想像する時の高揚感に映し出されていました。ルイ・ヴィトンを象徴するバッグの最新プロトタイプも登場。デジタルスクリーンのキャンバスを備えたバッグは、ネットワーク接続も可能な未来のバッグを連想させました。ルイ・ヴィトンが提供したワールドプレミアは、メゾンが培ってきたタイムレスなサヴォアフェールと革新的なテクノロジーの融合です。