ルイ・ヴィトンのアーティーカプシーヌコレクションで、6人のアーティストがメゾンのアイコンバッグ「カプシーヌ」をアレンジします。

ファッション & レザーグッズ

·

メゾンは、ステファン・スプロウズ、村上隆、リチャード・プリンス、草間彌生、ジェフ・クーンズといった著名アーティストとのコラボレーションを実現してきました。そして、今回新たに6名の現代アーティスト ‐ サム・フォールズ、ウルス・フィッシャー、二コラス・フロボ、アレックス・イスラエル、シャバララ・セルフ、ジョナス・ウッド ‐ を迎え、アイコンバッグカプシーヌがクリエイティブにアレンジされます。アーティカプシーヌコレクションをご覧ください。

2013年に登場したルイ・ヴィトンのカプシーヌバッグは、メゾンが1854年に初めてブティックをオープンしたパリのヌーヴ・カプシーヌ通りにちなんでネーミングされています。たちまちにメゾンのクラシックアイテムとなったこのバッグは、その特徴的なデザインによってアーティストに理想的な表現媒体を提供しています。こうして、世界の一流アーティスト陣によってデザインされた、限定エディションのアーティーカプシーヌコレクションが誕生しました。

アーティーカプシーヌコレクション

サム・フォールズによるカプシーヌは、ジャガード織地にHDプリントを組み合わせ、手仕事の刺しゅうを施しています。LVシグネチャーとハンドルのリングには、ナチュラルなエレガンスをたたえたマザーオブパールがあしらわれています。ニコラス・フブロのカプシーヌでは、レザーパッチワークを用いて花が表現されています。スムースブラックレザーとは異なるテクスチャーの青い花びらが、際立ったコントラストを描き出します。

© Louis Vuitton

ウルス・フィッシャーのファンタジーあふれるカプシーヌでは、まとう者の気分や状況に合わせて10種のシリコン製の超リアルな野菜と果物をチャームのように取り付けることができます。ポップなバージョンを提案するアレックス・イスラエルは、バッグ全体を輝きを帯びた波で覆い、インナーからサーフボードがのぞくデザインを実現しました。このサーフボードは機能的な働きを有し、一方がコーム、もう一方が鏡になっています。

シャバララ・セルフは、ルイ・ヴィトンのモノグラムを解体し、オリジナルのパッチワークに再アレンジしています。カプシーヌ上で綿密にデザインされた魅惑のダイアローグが展開します。ジョナス・ウッドは自身の絵画作品にインスピレーションを求めたオリジナルなモチーフをクリエイトしています。モノトーンを基調としたプリントレザーに20万ステッチを超える刺しゅうを加え、テクスチャーの際立った豊かな表情に仕上げられました。

© Louis Vuitton

アーティーカプシーヌコレクションの各モデルは、6月25日に300ピース限定で発売されます。

© Louis Vuitton