若手ファッションデザイナーのための2021LVMHプライズの準決勝: 第8回

LVMH

·

LVMHはセミファイナリストに選ばれた20人のリストを発表しました。デジタル準決勝では専門家委員の投票と、初めての一般投票が行われました。今年の若手ファッションデザイナーのための2021LVMHプライズはさらに国際的にも大きな成功をおさめています。プライズのこの新しい部門に世界各国から1900人を超える候補者が集まりました。今回で8回目を迎える本イベントはLVMH主催で、2013年から若いデザイナーの支援に貢献してきました。

数多くの応募の中から20の若いブランドとそのデザイナーが準決勝に選出されました。セミファイナリストは、中国、フランス、イタリア、日本、レバノン、ナイジェリア、南アフリカ、韓国、イギリス、アメリカの出身です。さらに初めてアルバニアとコロンビアからも選出されました。非常に文化や才能の多様性に溢れています。

今年はパンデミックの影響による制限の結果、例外的にデジタルプラットフォームを設けています。2021年4月6日~4月11日の期間、ウェブサイトlvmhprize.comに今年のLVMHプライズ決勝出場権を争う20人のセミファイナリストの情報を掲載します。こちらのサイトで、彼らのコレクションやクリエイティブな世界観、人間性について知ることができます。

デルフィーヌ・アルノーは以下のようにコメントしました。「今年のコンテストに参加してくれた110ヵ国を超える国々の全ての候補者に心から感謝しています。そしてセミファイナリストにおめでとうと言いたい。この準決勝は、完全にデジタルで行われます。私たちはコンテストの模様を多くの人達に公開したいと思っていました。LVMHプライズは今回初めて、一般の方々に20人のセミファイナリストを知ってもらう機会を設けました。彼らの情報はウェブサイト「the lvmhprize.com」で見ることができ、ご自分で選んだ候補者に投票することができます。全セミファイナリストは自身のクリエイティブビジョンにおいて責任ある姿勢を取り入れてきました。それは、革新的で伝統的な素材、アップサイクリング又はリサイクルした繊維の使用や、アーティザナルでローカルなアプローチの採用といった形です。このような独創性がファッションや高級品業界に変化をもたらすのです。セミファイナリストの中には、ウィメンズウェアが7人、メンズウェアが5人、両方手掛けている人が2人。6人がジェンダーレスコレクションをデザインしています。今回はニットウェアやボディコンドレス、祝いの席用のカラードレスを発表した候補者もいました。また、決勝まで、素晴らしいチャンピオンであるテニスプレーヤーの大阪なおみ選手をアンバサダーに迎えられたことを大変嬉しく思っています。最後に、今年新たに5人の刺激的な人材が名誉あるこの専門家委員会に加わりました。モデルのベラ・ハディッド、米国版ハーパーズ バザー編集主任のサミラ・ナスル、レア・セドゥ/女優、フランス版ヴォーグファッションディレクターのアレクサンドラ・​ヴォロニェツカ、中国版ヴォーグ編集主任のマーガレット・チャンです。とても贅沢でエキサイティングな2021年度LVMHプライズになることをお約束します。

新制度:この2021年度LVMHプライズは、誰でもセミファイナリストの情報を見ることができ、お気に入りの候補者に投票することができます。今年は一般の私達もLVMHプライズの専門家委員になれるのです。

若手ファッションデザイナーのためのLVMHプライズの優勝者は、賞金として30万ユーロ(約3870万円)を受け取るほか、LVMHチームのエキスパートによる1年にわたるメンターシッププログラムを受けられる機会を獲得します。

カール・ラガーフェルド賞/ジュリー特別賞の勝者は賞金15万ユーロ(約1935万円)と、一人間のメンターシッププログラムを受けられる機会を獲得します。

さらに、20年と21年の卒業生の両方が対象となる、若手ファッションスクール卒業生のためのプライズに選ばれた3名は1万ユーロ(約130万)を受け取ります。LVMH傘下のクリエイティブスタジオに参加して1年間学ぶことができます。

 

準決勝選出の20ブランド

エージーアール/アリシア・ロビンソン(ロンドン拠点のイギリス人デザイナー)ウィメンズウェア・メンズウェア

ビアンカ サンダース/ビアンカ・サンダース(ロンドン拠点のイギリス人デザイナー)メンズウェア

シャルル ドゥ ヴィルモラン/シャルル・ドゥ・ヴィルモラン(パリ拠点のフランス人デザイナー)ジェンダーレスコレクション

クリストファー ジョン ロジャーズ/クリストファー・ジョン・ロジャーズ(ニューヨーク拠点のアメリカ人デザイナー)ウィメンズウェア

コナー アイブズ/コナー・アイブズ(ロンドン拠点のアメリカ人デザイナー)ウィメンズウェア

フェデリコ チーナ/フェデリコ・チーナ(サルシナ拠点のイタリア人デザイナー)ジェンダーレスコレクション

キッドスーパー/コルム・ディレイン(ニューヨーク拠点のアメリカ人デザイナー)ウィメンズウェア

キカ バルガス/キカ バルガス(ボゴタ拠点のコロンビア人デザイナー)ウィメンズウェア

ラゴス スペース プログラム/アデジュ・​トンプソン(ラゴス拠点ナイジェリア人デザイナー)ジェンダーレスコレクション

ルクハンヨ ンディンギ/ルクハンヨ・ンディンギ(ケープタウン拠点の南アフリカ人デザイナー)ウィメンズウェア・メンズウェア

ミドリカワ/緑川卓(東京拠点の日本人デザイナー)ジェンダーレスコレクション

ネンシ ドジョカ/ネンシ・ドジョカ(ロンドン拠点のアルバニア人デザイナー)ウィメンズウェア

ポスト アーカイブ ファクション(ピーエーエフ)/(ソウル拠点の韓国人デザイナー)メンズウェア

ルネサンス ルネサンス/シンシア・マハラジ(ベイルート拠点のレバノン人デザイナー)ウィメンズウェア

リア/アンドレアス・ステイナー(パリ拠点のイタリア人デザイナー)ジェンダーレスコレクション

ルイ/シュウ ルイ(上海拠点の中国人デザイナー)ジェンダーレスコレクション

サウル ナッシュ/サウル・ナッシュ(ロンドン拠点のイギリス人デザイナー)メンズウェア

シュティン キュウ/シュティン・キュウ(上海拠点の中国人デザイナー)ウィメンズウェア

ターク/森川拓野(東京拠点の日本人デザイナー)メンズウェア

ウェド/エイミー・トリン、エヴァン・フィリップス(ロンドン拠点のイギリス人デザイナー)ウィメンズウェア

 

若手ファッションデザイナーための2021LVMHプライズの準決勝のスケジュール

若手ファッションデザイナーによる応募書類のオンライン提出期間:2021年1月11日~2021年2月28日

準決勝及び専門家委員投票と一般投票により8人のファイナリストを選出
2021年4月6日~2021年4月11日

若手ファッションスクール卒業生による応募書類のオンライン提出期間:2021年1月11日~2021年3月15日

決勝及び優勝者の発表:
後日発表

 

2021年LVMHプライズの専門家委員

エマニュエル・アルト/ヴォーグパリ編集長(パリ)

イムラン・アーメッド/ザ・ビジネス・オブ・​ファッション創設者兼編集長(ロンドン)

サラ・アンデルマン/ジャスト アン アイデア創設者(パリ)

ラミ・アタラ/ファッションプラットフォーム「エッセンス」共同設立者兼CEO(モントリオール)

グレンダ・ベイリー/ハーパーズ バザーUSのグローバルコンサルタント(ニューヨーク)

ファビアン・バロン/アートディレクター、バロン&バロン創設者(ニューヨーク)

ティム・ブランクス/ザ・ビジネス・オブ・​ファッション総合編集長(ロンドン)

デレク・ブラスバーグ/YouTubeのファッションと美容のパートナーシップの責任者(ニューヨーク)

アレクサンドル・ドゥ・ベタック/ビュロー ベタックの創設者(パリ)

フレデリック・ボデネス/ル・ボン・マルシェ・リブ・ゴーシュのアートディレクター(パリ)

カルメン・ブスケッツ/ビジネス・オブ・ファッション(BoF)、ファーフェッチ、ネッタポルテ、リスト、モーダ・オペランディの投資家、(カラカス)

バラク・カクマク/パーソンズ美術大学 ファッション学部学部長(ニューヨーク)

マリー・チャイクス/ドゥーブルマガジン ファッション編集長(パリ)

アン・ソフィ・ボン・クラエール/ル・フィガロ副編集長(パリ)

ルーニー・コーク・ニューハウス/芸術監督(ロンドン)

キャロライン・ダウア/デジタル起業家(ハンブルク)

ゴドフリー・ディーニー/ファッションネットワークの国際編集主任(パリ)

バベット・ジアン/ヌメロ編集主任(パリ)

ジョー・エリソン/ハウ・トゥ・スペンド・イットの編集長兼フィナンシャル・タイムズ・ウィークエンド副編集長(ロンドン)

エドワード・エニンフル/英国版ヴォーグの編集主任及び欧州版編集長(ロンドン)

リンダ・ファーゴ/バーグドルフ・グッドマン上級副社長(ニューヨーク)

アンジェロ・フラッカヴェント/ファッション評論家(ラグーザ)

ジョー・アン・ファーニス/評論家及びクリエイティブ・ディレクター(ロンドン)

シャンタル・ガンペルル/LVMH人事・シナジー部門エグゼクティブ・バイスプレジデント(パリ)

ミシェル・ゴベール/サウンドデザイナー(パリ)

ジュリー・ギルハルト/コンサルタント(ニューヨーク)

イクラム・ゴールドマン/イクラム創設者(シカゴ)

エリザベス・フォン・グートマン/雑誌「システム&ファッションインテック」共同創設者(パリ)

ジェファソン・ハック/デイズドグループの共同創設者兼編集長(ロンドン)

ベラ・ハディッド/モデル(ニューヨーク)

アマンダ・ハーレック/クリエイティブコンサルタント(ロンドン)

アシュリー・ヒース/ポップ及びアリーナ・オム・​プラスの編集長(ロンドン)

ロール・エリアール・デュブルイユ/ウェブスター創設者及びクリエイティブ・ディレクター(マイアミ)

エイドリアン・ジョフィ/ドーバーストリートマーケットインターナショナルの最高経営責任者(ロンドン)

シルビア・ジョリフ/パリ版ヴォーグの編集長(パリ)

イブラヒム・カマラ/スタイリスト兼雑誌「デイズド」編集主任(ロンドン)

ナタリー・キンガム/マッチズファッションのファッション&バイイングディレクター(ロンドン)

カーリー・クロス/モデル、慈善家(ニューヨーク)

スザンヌ・​コラー/雑誌「M, ル・マガジン・デュ・​モンド」ファッションディレクター(パリ)

ヒロフミ・クリノ/ユナイテッドアローズのクリエイティブディレクター(東京)

スージー・ロウ/StyleBubble.com創設者兼ジャーナリスト(ロンドン)

リンダ・ロッパ/プラットフォーム ポリモーダパリ ストラテジー&ビジョンアドバイザー(フローレンス)

パット・マクグラス/メイクアップアーティスト(ニューヨーク)

ケビン・マ/ハイプビーストの創設者兼CEO(香港)

サラ・マイノ/イタリア版ヴォーグ編集副主任兼ヴォーグタレント(ミラン)

スージー・メンケス/ジャーナリスト(ロンドン)

ヴィルジニー・ムザ/ジャーナリスト(パリ)

サラ・モワー/米国版ヴォーグ編集者(ロンドン)

サミラ・ナスル/米国版ハーパーズ バザー編集主任(ニューヨーク)

アレクシア・ニジンスキー/雑誌「システム&ファッションインテック」の共同創設者(ロンドン)

エズラ・ペトロニオ/編集者、雑誌「Self Service」クリエイティブ・ディレクター、写真家(パリ)

ファビオ・ピラス/セントラル・セント・マーティンズ・カレッジ・​オブ・アート・アンド・デザイン コース・ディレクター(ロンドン)

ピーター・フィリップス/ディオール メイクアップ&クリエイティブ イメージ ディレクター(アントワープ)

ロイック・プリジェント/映画監督(パリ)

ガイア・レポシ/レポシクリエイティブ・ディレクター(パリ)

カリーヌ・ロワトフェルド/CR​ファッションブック創設者(パリ)

ローレン・サント・ドミンゴ/モーダ・オペランディ共同創設者兼ブランディング責任者(CBO)(ニューヨーク)

マリー・アメリー・ソーヴェ/マスターマインドスタイリスト、共同創設者兼クリエイティブ・ディレクター(パリ)

アン・フローレンス・シュミット/フィガロディレクター(パリ)

レア・セドゥ/女優(パリ)

エイミー・ソング/インフルエンサー、ブログ「ソングオブスタイル」創設者(ロサンゼルス)

カルラ・ソッツァーニ/ディエチコルソコモ創設者(ミラン)

ステファノトンキ/ロフィシエル グローバルチーフクリエイティブオフィサー(ニューヨーク)

エイゼル・トゥデル/ファッションプラットフォームエイゼル(モスクワ)

ナタリア・ヴォディアノヴァ/モデル、慈善家(パリ)

アレクサンドラ・​ヴォロニェツカ/フランス版ヴォーグファッションディレクター(パリ)

マーガレット・チャン/中国版ヴォーグ編集主任(上海)