東京銀座にあるTiffany & Co.の旗艦店がリニューアルオープン

ウォッチ & ジュエリー

·

ニューヨーク五番街にある象徴的なブティックの改修を経た ティファニーが、「ランドマーク」のコンセプトを日本で披露しました。1972年に開店した銀座店は、アメリカを除く3番目のティファニー ブティックでした。1996年の住所変更を経て、2008年に初めての改修工事を実施。その15年後の今年、建築家の隈研吾がデザインした象徴的なファサードによってティファニーの歴史に新たな1ページが加わります。

 ティファニーの世界が広がる890平米の店舗は、「曲線」のディテールと穏やかな色調によって、温かみがあり、洗練された雰囲気に包まれています。比類なき芸術作品がメゾンのコレクションの隣に陳列され、ダイヤモンドをテーマにした新しいコンセプトのウィンドウが、ご来店のお客様をティファニーの洗練された世界へと誘います。1階には、ティファニーを代表するティファニー T、ティファニー ハードウェア、ティファニー ロック。奥には エルサ・ペレッティ®のコレクション専用スペースが用意されています。1974年にメゾンが迎え入れた伝説のデザイナーである彼女が生み出した、ナチュラルでセンシュアルな作品が織りなす世界観を堪能することができます。ペレッティならではの美的コードは、什器にまで浸透しており、ブティックの引き出しのコルクには、彼女の代表作である「ビーン」を模した形状を採用しています。

2階では、ティファニー® セッティングで有名なLOVE&ブライダル コレクションを目にすることができます。1886年に登場したエンゲージメントリングで有名な6本の爪でストーンを支えるデザインは、創始者のチャールズ・ルイス・ティファニーによって考案されたものです。ジャン・シュランバージェのクリエイティビティを紹介するスペースには、特別なハイジュエリー作品が展示されています。20世紀を代表するこのアーティストは、1956年のデビュー以来メゾンの歴史に大きな爪痕を残してきました。代表作の「バード オン ア ロック ブローチ」は現在でもティファニーにとって、かけがえのない作品です。最後に、ラグジュアリーなサロンに設けられたプライベート サロンでは、ゆったりと会話をお楽しみいただけます。

2023年9月初頭には、東京表参道のにぎやかな界隈にティファニーの新しいブティックがオープンする予定です。