旗艦店 カサロエベ表参道が日本でリニューアルオープン

ファッション & レザーグッズ

·

ロエベのクリエイティブ・ディレクター、ジョナサン・アンダーソンが2014年に再デザインを手掛けた最初の店舗となるカサロエベ表参道が、11月11日にリニューアルオープンし、ロエベの日本50周年記念を祝します。2004年にオープンしたロエベ表参道は、「各ブティックをアートコレクターの自宅に見立てる」という、カサロエベのグローバル コンセプトの原点となりました。

3フロアに広がる466平方メートルの店舗面積を持つ、日本最大のロエベ ブティックになります。また、東京で最初の「Loewe ReCraft(ロエベ リクラフト)」が置かれ、レザー職人がロエベ レザーグッズの修理・メンテナンスサービスを行います。 

ブティックの建築は、自然との深い関係を考慮したデザインになっています。表参道を象徴する樹々やその色彩とハーモニーを奏でるシルバートーンのファサードは、光を反射し、ブティックと周囲の自然環境との間に流れるような動きを生み出しています。スペインの職人の手作業による、エナメル加工が施されたシルバーのタイルが、ファサードから内部へと続き、内壁にまばゆい光の戯れを演出します。 

ファッションを超えた体験が楽しめるカサロエベ表参道には、世界的に著名なアーティストのコレクションが展示され、パブロ・ピカソやアンセア・ハミルトンと並んで、四代田辺竹雲斎やTSUBAKIら日本人アーティストの作品も登場します。緻密に配置された調度品や輝く彫刻が、空間を引き立てます。 

最後に、リニューアルオープンを記念して、11月16日の世界同時公開を前に、11月11日にカサロエベ表参道でSS24 プレ コレクションが先行発表されました。日本限定発売となる「LOEWE x Suna Fujita」アイテムのスペシャル コレクションが登場します。