ブルガリ、オクト コレクション10周年を記念して、世界最薄を実現したオクト フィニッシモ ウルトラを発表

ウォッチ & ジュエリー

·

オクトコレクションは、わずか10年で、その技術力、アイコニックな八角形、独特なモノクロームスタイルで、オート オルロジュリーの世界に新たな基準を打ち立てました。このブルガリ ウォッチは、純粋でありながら現代的であり、厳格なスイス時計製造とイタリアのエレガンスを融合した2面性を確立しました。今回ブルガリは、オクト フィニッシモ ウルトラで8度目の世界記録を達成しました。わずか10本の限定シリーズとなるこの素晴らしいタイムピースは、ブルガリ の精神と、革新を続け、オート オルロジュリーの基準を再定義する能力を体現しています。

3月21日、伝説的なロトンダ広場の特別イベントで、この時計は、OUCHHHとサンタ・チェチーリア国立アカデミアの協力のもと、パンテノンとローマ市の美しさに敬意を表して発表されました。この驚異的な時計は、ムーブメントだけではなく、ケースバックからサファイアクリスタルの上部に至るまでの、時計全体の厚さがわずか1.80mm、世界最薄の時計です。この輝かしい8つ目の世界記録は、ブルガリが長年培ってきた専門知識を実現したものであり、この努力がなければ達成できなかったでしょう。また、究極の野望を追求するのに必要な大胆さと自信を反映させたものにもなっています。この偉業を達成するために、ブルガリのデザイナー、エンジニア、時計メーカーは、文字通りゼロから出発しました。なぜなら、既存のコンセプトに頼っているだけでは、最薄の機械式時計を生み出すことはできないからです。すべてを忘れて再構築し、革新的な解決策を見つけて、完全なパラダイムシフトを考える必要がありました。この時計には8件の特許が出願されました。

© ARR

この薄さを達成するには、自分の考え方を変えるだけでなく、同時に幅広い技術を活用し、複数の素材を使い、あらゆる新しい制約に対応する必要があります。その意味で、オクト フィニッシモ ウルトラは、広大な可能性の分野において、間違いなく超小型化を代表する究極のコンプリケーションと言えます。」と、ブルガリの製品クリエイティブ・ディレクター、ファブリツィオ・ボナマッサ・スティリアニは述べています。

ブルガリのこの挑戦には、さまざまな技術チームが取り組み、アヴァンギャルドの開発専門家Conceptoが加わりました。この独特な時計は、3年間の研究と開発の成果です。このレベルの薄さで、特に標準時計のすべての部品が必要な場合、部品のデザインや製造だけでなく、機能についても再考する必要があります。理想としては、通常の時計で1つの部品が1つの機能を果たすのに対し、超小型化タイムピースでは、各部品が最大4つの機能果たす必要があります。

© ARR

オクト フィニッシモ ウルトラは、現実とバーチャルの世界の橋渡しもします。10名の購入者には、時計の真正性や所有者と紐づけを保証する限定のNFTアートが贈られます。この世界最薄の時計は、独特なアート作品を保管する金庫になるだけでなく、Bvlgari Singvlarity technologyによって永遠の証書が保証されます。物理的な世界で偉業を成し遂げたオクト フィニッシモ ウルトラと機械の独創的な発想は、NFTやブロックチェーンによって、デジタル世界でも最高の時計へと導いていきます。

© ARR

さらに、この10周年と8つの世界記録と記念して、ブルガリはオクトコレクションのコンセプトのルーツに繋がる2つの記念エディションを発表しました。ファブリツィオ・ボナマッサ・スティリアニが描いた最初のスケッチが、2つの主力製品、チタン製オクト フィニッシモ オートマティックとオクト フィニッシモ クロノグラフ GMTのエングレーブされた文字盤を飾り、200本限定モデルとして発表しました。

© DR

オクト フィニッシモシリーズには、ルールを打ち破り、限界を超えるDNAが埋め込まれ、その証拠として、このコレクションは数々の世界記録を持っています。オート オルロジュリーの歴史でも独特なこのコレクションは、エレガンスと技術の卓越性が組み合わされ、ブルガリの時計学上および創造上での能力が再度表現され、デザインと最先端テクノロジーの完全な融合が実現されています。