パリ協定5周年を前に、LVMHは全従業員を動員して新たな環境戦略を展開します

LVMH

·

LVMH mobilise l’ensemble de ses collaborateurs pour le coup d’envoi de sa nouvelle stratégie environnementale

パリ協定調印から5年が過ぎ、LVMHグループではLVMHクライメイトウィークを開催しています。1週間のオンラインイベントでは、グループの16万人の従業員に、今後3年、6年、10年にわたる野心的な環境ロードマップを設定した新しいLIFE 360LVMH Initiatives For the Environment)プログラムの優先事項を共有するよう呼びかけます。イベントでは、すべてのLVMHのチームが「Be The Change!」というスローガンのもと、この取り組みに参加することを奨励しています。

気候変動はすべての人にとって重要な問題です。自然に直接左右されるビジネスを展開する、ラグジュアリーにおける世界的リーダーとして、LVMHはこの課題の最前線に立ち、その活動が環境に与える影響を軽減するための、模範的なパフォーマンスを行う特別な責任を負っています。LVMHは、LIFE 2020のポリシーの範囲内において、2020年までに設定された目標を達成または上回っており、今ではさらなる野心的な環境目標を達成する用意があります。この取り組みは、製品の持続的な品質と卓越した技術を駆使した現地生産により支えられたビジネスモデルのグループにとっては、当然のことです。

12月8日から11日まで開催されるLVMHクライメイトウィークでは、グループの16万人の従業員がオンラインのプラットフォームを通して一堂に会し、行動を促す明確な呼びかけにより一つになります:「Be the Change」。アジェンダには12のフォーカスセッションが含まれており、ゲストにはLVMHメゾンのクリエイティブ・ディレクターらをはじめ、上級役員やスタッフが参加し、誰もが持続可能なラグジュアリーに積極的に貢献できるような、具体的なソリューションを中心としています。

「LVMHグループ全体とすべてのチームが参加することで、私たちが日々この問題に取り組むことの重要性を強調しています。状況の緊急性を考えると、間違いなく必要である新たな生き方に乗り出すにあたり、非常に強力なシグナルを送りたいと考えています。この生き方は非常に野心的なものであり、同時に好循環を生み出すものです。なぜなら、イノベーションとクリエイティビティから生まれる力を、私たちは他のあらゆる企業よりもよく理解しているからです。将来的に、クリエイティビティは美徳になるか、そうでないかのどちらかでしょう。私は、LVMHの社員がこの課題に共に立ち向かう能力への信頼を確かなものにしています」と、LVMHイメージ、コミュニケーション、環境ディレクターのアントワーヌ・アルノーは述べました。

 

Hélène Valade et Antoine Arnault
© Martin Colombet / LVMH

LVMHクライメイトウィークはまた、LVMHメゾンの環境パフォーマンスへの取り組みと、とりわけ循環型経済の促進といった、数々の素晴らしいソリューションやイノベーションにスポットを当てる機会でもあります。これは、グループの炭素排出量や、メタンや窒素酸化物(二酸化炭素よりもはるかに強力な温室効果ガスである)の排出量削減の目標を新たにする出発点となります。

正確な目標は、2021年の新たなLIFE 360プログラムの開始に合わせて発表されます。そして、その4つの柱とは:気候、生物多様性、クリエイティブな循環性、透明性です。このプログラムでは、科学的に検証された評価に基づき、グループがパリ協定で定められた2030年に向けた軌道修正を可能にするロードマップをもたらします。この計画では、とりわけグループの全拠点で100%再生可能なエネルギーを使用し、2026年までに化石由来のバージンプラスチックをパッケージから取り除くというLVMHの新たな気候目標を設定します。

LVMHクライメイトウィークは12月8日、LVMHイメージ、コミュニケーション、環境ディレクターのアントワーヌ・アルノーとLVMH環境開発ディレクターのエレーヌ・ヴァラドがホストを務めたオープニングセレモニーで幕を開けました。開会式では、COP21サミットのローラン・ファビウス議長、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の共同議長であるバレリー・マソン・デルモット氏、ソーラーインパルス財団の創設者であるベルトラン・ピカール氏など、著名な講演者を迎えました。彼らは、気候問題に関する見識と認識されている出来事を共有しました。また、LVMHの新世代のメンバーも招待され、地球の未来に対する純粋な不安を述べることで、会話をリードし、意見を提供しました。

気候変動への対応の緊急性を反映して、3つのフォーカスセッションでは、LVMHグループの重要なテーマを取り上げました:

  • 生物多様性の維持は気候変動の緩和に役立つか?
  • カーボンオフセット – 真の変化か、それとも偽善的な環境への配慮か?
  • ファッション業界とは、そもそも持続可能なのか?

クリエイティブなプロセスにおいて気候問題が根本的な影響を与えることを伝えるために、後半のセッションでは、これらの課題を議論するために集結した、これまでで最も注目すべきデザイナーのパネル陣を迎えます。Kenzoのクリエイティブ・ディレクターであるフェリペ・オリヴェイラ・バティスタ、ディオールのメンズコレクションのクリエイティブ・ディレクターであるキム・ジョーンズ、Loeweのクリエイティブ・ディレクターであるジョナサン・アンダーソン、そして彼女の名を冠したブランドのクリエイティブ・ディレクターであるステラ・マッカートニーです。彼らは、すべての人にとってより持続可能な世界を作り上げるための最良の方法について、その経験と信念を共有します。

 

LVMH Climate Week
© Martin Colombet / LVMH

さらに、LVMHクライメイトウィークにはソリューションショールームがあり、特に店舗や製造施設向けに49の具体的なソリューションを紹介します。ソーラーインパルス財団を含む当グループと提携したパートナーからのこれらのソリューションにより、メゾンが二酸化炭素排出量をさらに削減するための革新的なアプローチが提案されます。

例えば、LVMHイノベーションアワード2020で特別賞を受賞したスタートアップ企業のDessertoは、メキシコで栽培されたサボテンを原料とした植物由来のレザーを開発しました。この素材は、レザーグッズおよびパッケージのどちらにも使用可能です。他社では、SecanteはカスタムのLED照明を製造し、Celsiusは地熱エネルギーを利用した建物の冷暖房ソリューションを提案しており、建物内の人にとって低炭素の快適性を1年を通して保証します。

LVMHクライメイトウィークは、LIFE in Stores Awards賞で締めくくられ、LVMHメゾンの店舗の環境パフォーマンスを向上させるための、美徳で革新的な7つのソリューションを表彰します。