ニコラス・ナイトリーが語るモワナの新たな創造性 ファッション & レザーグッズ

ファッション & レザーグッズ

·

クリエイティブ・ディレクターのニコラス・ナイトリーによる新作は、モワナのアトリエにて職人たちと手を取り合って制作されています。その新作は、1849年の創業以来、メゾンのシグネチャーとして受け継がれてきたフェミニンな職人技の伝統を体現し、現代的に解釈したものです。

1849年に設立されたメゾン モワナの名は、ベル・エポックの最盛期に高級トランク製造の技術にフェミニンなセンスをもたらした最初の、そして唯一の女性の名前に由来しています。ポーリーヌ・モワナのエネルギッシュな精神と革新的な感覚は、19世紀後半のパリを変えた芸術、デザイン、旅行、近代的な発明の繁栄に中心的な役割を果たしました。1869年、ポーリーヌは会社を高級トランク製造の専門店に変え、パリ中の人々が訪れるオペラ通りにその名を冠したブティックをオープンしました。このような要求の高いお客様の要望に応えるために、モワナの作品は手作業で制作、パーソナライズされ、洗練されたものに仕上げられています。

ニコラス・ナイトリーの新作の中でも、新作「Le Flori」バッグは、取り外し可能なクロスボディ ストラップ、ハンドルのディテール、ロック機構の官能的なフォルムなど、ポーリーヌの自由と発見の精神を感じさせます。

「Le Limousine」は、1902年に発表された同名のトランクにちなんで名付けられました。自動車のボディにぴったり合うように作られた優雅な凸型の底を備え、車の色に合わせて注文することが可能でした。

その4年後には、スペアタイヤをエレガントに隠すための「Moynat Wheel Trunk」が登場しました。ニコラス・ナイトリーがモダンにアレンジした「La Wheel」は、遊び心あふれるラウンド型のミノディエールで、夜の逃避行にぴったりです。また、モワナのお土産のミニチュアとしてデザインされたバッグ「La Little Suitcase」には、ハードサイドのフレームにモワナの全ストーリーが凝縮されています。トランクメーカーの伝統的なサヴォアフェールは、バッグ内のマッチングポーチ、所有者が旅行書類を保管できるトランクの内側の底に赤いレザーのポーチを固定するという1890年のポーリーヌ・モワナの素晴らしいアイデアへのオマージュなど、ミニチュアのスケールで細心の注意を払って複製されています。

この2つのミニチュアは、1905年にモワナに入社したアールデコ アーティスト、アンリ・ラパンがデザインしたシグネチャーモチーフである有名なMのモノグラムをあしらったToile 1920 キャンバスで作られています。アンリ・ラパンは時代を先取りしていたため、例えばアーカイブにある彼のレタリングは、今でも息を呑むほどモダンな印象を与えます。

アヴァンギャルドで多くの作品を残したアーティストである彼は、新作ハンドバッグ「Voyage」やバケットシェイプの「Le Baluchon」のメタルロックの中心にあるモワナの目立つメダリオンロゴも手がけています。活動的な現代女性のためにデザインされ、指先で押すだけで開閉する、感覚的なボタン機構を取り入れています。これらの作品は、現代の旅行者にとっても、非常に重宝されるでしょう。

アーカイブに隠された富と驚くべき秘密に鋭敏な目を向け、ニコラス・ナイトリーとモワナの職人は、モワナのサヴォアフェールの魅惑的な喜び、その象徴的な曲線と独特のシグネチャーを、新しい世代が世界に持ち込むことができるようにもたらします。