タグ・ホイヤーがライアン・ゴズリングと« The Chase for Carrera »を披露

ウォッチ & ジュエリー

·

 

カレラの60周年を記念して、タグ・ホイヤーは« The Chase for Carrera »を披露します。アクションとコメディを組み合わせ、デヴィッド・リーチがプロデュースし、ナッシュ・エドガートンが監督を務めたこの映画は、タグ・ホイヤーのアンバサダーを務める俳優のライアン・ゴズリングと、女優のヴァネッサ・ベイヤーが出演しています。このショートフィルムは、ブロックバスターにふさわしいアイコニックなタイムピースの歴史的な遺産にオマージュを捧げています。

名高いカレラの名称は、1963年にジャック・ホイヤーによって名付けられ、1950年~1954年にメキシコを横断する危険で過酷なレースとして名を馳せた伝説のレース「カレラ・パナメリカーナ」に敬意を表しています。今日、タグ・ホイヤーはモータースポーツのコードを駆使し、2022年にアクション映画「ブレット・トレイン」を制作した、87ノース・プロダクションズのデヴィッド・リーチ監督とコラボレートしています。激しいアクション、アドレナリン、ユーモアで溢れたこのショートフィルムでは、監督の役を演じるデヴィッド・リーチの目の前で、ライアン・ゴズリングが小道具方を演じるヴァネッサ・ベイヤーと対立します。ゴズリングは新作タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフを必死に守ろうとします。映画のスターであり、高速下においても究極の視認性を誇るダイヤルでドライバーから愛されているウォッチは大胆な新しい技術が駆使されています。そのドーム型サファイアクリスタルガラスは、ブルーのカーフスキンストラップが組み合わされたシグネチャーブルーダイヤルの斬新なデザインを披露しています。小道具方の役のなかで、ヴァネッサ・ベイヤーはピンクのタグ・ホイヤー カレラ 36 mmを身に着けています。このミニブロックバスターには、タグ・ホイヤー カレラの歴史に関連したものが隠されているため、愛好家はそれを探して楽しむことができます。俳優たちはリーチ監督の次回作« The Fall Guy »で集結することになっており、そのなかでゴズリングは、同じエディションのよりスポーティなブラック&シルバーを纏う《逆パンダ》モデルを身に着けます。俳優であり、メゾンのアンバサダーでもある彼は、今後演じる役に応じて、タグ・ホイヤー カレラのさまざまなモデルを選択する機会を得ることでしょう。

「スティーブ・マックイーンからライアン・ゴズリングまで、数十年前から銀幕のレジェンドたちがブランドのタイムピースを着用するなど、タグ・ホイヤーは絶えずハリウッドと密接なつながりを持ってきました。そしてレースサーキットにインスパイアされたカレラは常に、単なる時計というステータスを超越した、大胆さと冒険心のステートメントであると同時に、エレガンスそのものでもあります。カレラ誕生60周年を称える最良の方法は、世界初となるハリウッドのミニブロックバスター以外にはないでしょう。これは、傑作と名高い「ジョン・ウィック」や「ブレット・トレイン」を手掛けた世界で最も優れたアクション映画監督であるデヴィッド・リーチ監督と、ライアン・ゴズリングのコラボによるものです。彼は同世代のアイコンであるだけでなく、このフィルムでも見せているように、一つひとつのプロジェクトに最大限のクリエイティビティを発揮し、持てるすべてを捧げて取り組む人物です。次の60周年も楽しみにしています」。フレデリック・アルノ―(タグ・ホイヤーCEO)。