シャトー・ガルペ、2種類の優れたロゼワインの発表とともに再出発

ワイン & スピリッツ

·

モエ ヘネシーは、その名高いポートフォリオにおける初のクリュ・クラッセ・ド・プロヴァンスである、シャトー・ガルペの新たな門出を発表します。シャトー・ガルペのビジョンは、大地からボトルまで、環境に最も配慮した方法で、プロヴァンス独自のテロワールを表現する、他の模範となるワインを作り上げることです。

シャトー・ガルペでは、77ヘクタールの自然保護林と、2020年からオーガニック栽培への移行に入った69ヘクタールのブドウ畑の生物多様性を育むとともに、唯一無二のエコシステムの保全に取り組んでいます。ワイン畑を上回る広さの自然保護林を保有するエステートは、生物多様性にとって重要な現地のサンクチュアリです。  シャトー・ガルペが連携しているプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール自然環境保護区では、希少な在来植物と90種を超える動物を確認しています。アクションプランは、こうした種の再生を促し、これから数年の間に生物多様性がさらに豊かになることを目指して導入されています。  加えて、OFA(フランス養蜂観測所)とのパートナーシップにより、エステートには200個の養蜂箱が設置され、世界にわずか12カ所の女王バチの繁殖拠点の1つとなっています。

© ARR

シャトー・ガルペは、伝統的ノウハウを尊重し、大地からボトルまで、持続可能なブドウ栽培の実践に取り組んでいる先進的なワインエステートです。エステートでの持続可能な取り組みの導入を促し、持続可能なブドウ栽培へ移行中の区画を支えるため、3.5ヘクタールの土地が研究開発に充てられています。この区画では、気候変動や干ばつに強いブドウ品種を調査するためのテストが行われています。また、将来を見据えたワインを求めて、バイオダイナミックも実験的に行われています。調査結果の共有や、他の関係者との緊密なコラボレーションに取り組むシャトー・ガルペでは、業界や地域、そしてLVMHグループにおいて、持続可能性の指針としての役割を果たすことに意欲を燃やしています。

ビジョンの核心は、シャトー・ガルペが生み出す独自の製品によって体現されています。エステートが位置するプロヴァンスの結晶岩質は、この地域で最も古く形成された地層のひとつで、そこには微気候が存在し、この地域特有の異なる3つのテロワールが見せる微細な個性は、シャトー・ガルペのワインに様々に表現されています。クリュ・クラッセのシャトー・ガルペでは、100%自社ブドウを使用しています。それにより、ブドウ栽培や、ワインの醸造プロセスにおける各段階での持続可能な実践の透明性を一貫して管理することができます。3年にわたる土壌の分析、ブドウの木の育成、エステートの豊かな自然の再生に取り組んだシャトー・ガルペは、オーガニック栽培への移行に入った初のロゼワイン「シャトー・ガルペ・クリュ・クラッセ・ロゼ 2021」と「ガルペ・ノマド 2021」を発表します。

© ARR

「シャトー・ガルペ・クリュ・クラッセ 2021 ロゼ」は、全てエステートの自社ブドウで製造されおり、プロヴァンスの個性を表す、豊かで自然なアロマを持った純粋なテロワールのワインです。  香りは複雑で力強く、シトラスや白いフルーツ、ビターアーモンドの香りが、繊細でフローラルなアロマに調和しています。フルボディで深みがあり、長く続くミネラル感のあるフィニッシュで、料理とのペアリングにも最適です。  「ガルペ・ノマド 2021」は、フレッシュフルーツやワイルドベリー、ピンクグレープフルーツやザクロの香りの、軽やかで清々しいAOP コート・ド・プロヴァンスのロゼです。爽やかで生き生きとしながらも芳醇な味わいで、シャトー・ガルペのブドウ畑に吹く、地中海の海風を思わせるミネラル感のあるフィニッシュです。

持続可能な実践を大切にするシャトー・ガルペでは、新たに革新的なワインのパッケージデザインを導入しています。「シャトー・ガルペ・クリュ・クラッセ・ロゼ 2021」は、リサイクルされたアンバーガラスを70%使用しています。「ガルペ・ノマド」では、100%リサイクル素材のリサイクル可能なボトルを初めて採用。世界で最も汚染が進む沿岸地域で、海に流入する前に回収されたプラスチック廃棄物を使用しています。ユニークな形状のフラットボトルは重さわずか63g。平均的なボトルの10分の1の軽さです。

© ARR

シャトー・ガルペのミッションは、土壌とテロワールの豊かな本質、そしてエステートに息づく素晴らしい動植物を表現するワインを作り上げることです。この優れたエステートによる、唯一無二のテロワールのワイン(vins de terroir)は2022年5月発売です。マネージングディレクターのジェシカ・ジュルミーはこう語ります。「自然のバランスこそが、何よりも優先されるべきものです。私たちのミッションは、私たちが受け取る以上に自然に還元し続け、未来に向けて、インスピレーションを与える功績を積み重ねていくことです」。