ゲランがパリでアンジェリーナ・ジョリーと共に「モン ゲラン」の新キャンペーンを発表、「モン ゲラン オーデパルファン インテンス」のローンチを祝福

パフューム & コスメティクス

·

ゲラン は「モン ゲラン」のミューズを務めるアンジェリーナ・ジョリーを7月8日から9日にパリで迎えました。彼女のパリ訪問中に、メゾンは「モン ゲラン」の新キャンペーンを披露し、8月末に予定されている「モン ゲラン オーデパルファン インテンス」のローンチを祝しました。 

2017年より、アンジェリーナ・ジョリーがミューズを務める「モン ゲラン」はメゾンの最新ウィメンズ フレグランスで、ゲランの優れた2人のマスターパフューマー、ティエリー・ワッサーとデルフィーヌ・ジェルコが調香しました。7月8日、ゲランのプレジデント兼CEO、ローラン・ボワロは、パリのオテル ドゥ クリヨンで行われた記者会見でこの女優を迎えました。イベント開催中、エマニュエル・ルベツキによりアンジェリーナ・ジョリーのカンボジアの自宅で撮影された、新しい「モン ゲラン」のフィルムが披露されました。

© Guerlain

記者会見においてアンジェリーナ・ジョリーはメゾン ゲランと自身との繋がりや、彼女が2003年にカンボジアで息子のマドックス名義で立ち上げた財団における、現地のコミュニティに医療サービスと教育を行き渡らせるための取り組みや環境保全の仕事について語りました。

ローラン・ボワロとアンジェリーナ・ジョリーはさらにカンボジア北西部のSamlot地区のミツバチ保護を目指す持続可能な開発の共同プロジェクトを発表しました。これは現地のコミュニティとの協働により、ゲランが10年以上にわたって支援してきたミツバチ専門家の専門知識を駆使して行われます。

記者会見を終えると、彼女はシャンゼリゼ通り68番地のゲラン ブティックを訪問しました。

© Guerlain