ウブロ、Watches & Wonders 2022にて、新たな形状、素材、色、技術的な卓越性を発表しました

ウォッチ & ジュエリー

·

ウブロ は、今年のWatches & Wondersで最新イノベーションを発表しました。スクエア・バン ウニコシリーズは、マニュファクチュールの新しい形状を見事に表現しています。アイコニックなビッグ・バンはこれまでと同様に先見性があり、リチャード・オーリンスキーとのコラボレーションによるコレクションで新たなモデルが登場しました。

ウブロの歴史上初となるスクエア ウォッチ、 スクエア・バン ウニココレクションを新たに発表します。マニュファクチュールは、その豊富な知識を駆使して、この時計製造の課題に取り組みました。ウブロはラウンドムーブメントを隠すのではなく、内部の仕組みをすべて明らかにすることにしました。ニヨンのウブロ時計職人の誇りであるウニコマニュファクチュールムーブメントを確認でき、その驚くべき力を発揮しています。この時計は水深100メートルまでの防水性があり、スクエアの形状ではさらなる挑戦となるため、ウブロはこの機能に自信を持って紹介します。スクエア・バン ウニコは、アイコニックな42 mmのビッグ・バンのすべてのデザインコードを再現し、既存モデルと同じ素材である、チタン、セラミック、キングゴールド、そして印象的なオールブラックバージョンで作られました。この稀少な時計は、わずか250本の限定モデルとして作られ、ブラックの色合いで独特なウブロの特徴を体現しています。

© ARR

ビッグ・バンは、2020年に一体型ブレスレットとして初めて発売されました。最新のビック・バン一体型セラミックでは、ブレスレットがケースと完全に一体化したモノブロック構造、単一素材のセラミック、ブルーインディゴ、スカイブルー、サンドベージュ、ジャングルグリーンの4色のモノクロームを揃えました。各色とも250本限定です。触感がソフトなセラミック製タイムピースは傷がつきにくく、熱伝導率が低く低刺激のため快適な着け心地です。42mmのケースは、ユニコV2マニュファクチュールムーブメントでトラッキングされ、72時間中断されることはありません。

© ARR

ビッグ・バン トゥールビヨン オートマティック パープルサファイアでは、ウブロはサファイアの芸術において新境地を開拓し、オート オルロジュリーの全く新たな色である特に透明感のあるパープルを発表しました。この世界初のモデルは、2016年に初めて発表されたサファイアケースのビッグ・バン ウォッチのシリーズを引き継ぐものです。肌で感じることができる、自動巻き72時間トゥールビヨンは、時計製造でほとんど前例のない12時位置に配置されたマイクロローターなど、洗練された機能を備えています。ラインレリーフが施されたパープルの透明のラバーストラップには、特許を取得した「ワンクリック」システムを採用し、チタニウム製フォールディングバックルクラスプを備え、50本限定のこのモデルのアバンギャルドなスタイルを完成させています。

© ARR

「Hublot Loves Art」のイニシアティブでは、スイスの高級腕時計ブランドが一流の現代アーティストとチームを組みました。リチャード・オーリンスキーと最初のコラボレーションから5年、ウブロはクラシック・フュージョン オーリンスキーブレスレットの新たなバージョンを発表しました。新しいこの一体型メタルブレスレットを備えた時計は、このフランス人彫刻家作品の象徴である角ばったスタイルが特徴となっています。ウブロの技術者は専門知識を発揮し、チタン製の構造に面取りとファセットを施し、83個のパーツを用いてブレスレットを作りあげました。H型リンクは、ウブロのロゴを思い起こさせます。ポリッシュ仕上げのチタニウム製直径40mmのケースには、パワーリザーブ42時間の自動巻きキャリバーHUB1100が搭載されています。部分的にパヴェセッティングが施されたモデルは、合計3.79カラットのダイヤモンドがあしらわれ、宝石で飾られたアート作品のようです。

© ARR