アリババ、LVMHとの新たな提携により 中国でのラグジュアリーリテール体験を一新

LVMH

·

2024年5月22日、パリ発 – アリババグループは本日、高品質製品の世界的リーダーであるLVMHグループとの提携拡大を発表しました。両社は、アリババクラウドのテクノロジーを駆使しTmallのAIイノベーションを促進させ、中国におけるラグジュアリーリテール体験を新たな高みに引き上げることを目指します。 

このパートナーシップの強化は、小売業の革新を牽引し、卓越したテクノロジー主導のラグジュアリー体験を提供するという両社の共通コミットメントに基づいており、LVMHは中国におけるオムニチャネル、データ、テクノロジーのプレゼンスをさらに高めます。

LVMHのグループ マネージング ディレクターであるステファン・ビアンキ(Stephane Bianchi)氏は、次のように述べています。

「アリババは、LVMHのメゾンとグループにとって極めて重要なパートナーです。今回発表するパートナーシップ強化は、当社のオムニチャネル事業の成長をさらに促進し、クラウド技術とAIテクノロジー、およびアリババが持つ世界をリードするEコマース事業における専門知識を活用し続けることにつながります。LVMHとアリババの前向きな提携は、顧客にハイエンドなショッピングの旅を通じて比類なき体験をお届けします。」

アリババグループの最高経営責任者である呉泳銘(Eddie Wu)は、次のように述べています。

「アリババクラウドの最先端のクラウドコンピューティングとAI技術を駆使し、小売業界のリーダーであるLVMHと共に、ハイエンドな消費体験の変革を実現できることを大変嬉しく思います。この包括的なパートナーシップは、Tmallを通じて中国を含む世界中のLVMHの顧客に、より優れた小売体験を提供します。LVMHとの強力なパートナーシップとイノベーションの旅をさらに発展させていくことを楽しみにしています。」

LVMHは、絶え間ないイノベーションを追求し、アリババ独自の大規模言語モデルであるQwenや、包括的なAIモデル構築プラットフォームであるモデルスタジオ「百煉(Bailian)」など、アリババクラウドの生成AI機能を導入します。この取り組みは、LVMHが常にイノベーションの最前線に立ち、先端テクノロジーを活用して世界中の消費者にラグジュアリーな商品を提供し、グローバルな小売事業におけるイノベーション主導の成長を促進することへのコミットメントを強調しています。

LVMHは、中国本土と東南アジアに30以上のメゾンと事業部(Sephora APACとDFSを含む)を持ち、この提携をさらに5年間の延長を計画しています。これは、新しい市場、製品、技術のフロンティアを開拓するという強力かつ共通のコミットメントを反映しています。今後、LVMHはアリババクラウドの主要なテクノロジーと実績のある製品を幅広く活用し、事業運営のさらなる最適化、顧客インサイトの強化、中国市場に適応するためのサプライチェーン管理プロセスの効率化を実現します。

2019年に開始された両社の戦略的提携は、LVMHがアリババクラウドのデータ管理ツールであるDataphinを導入し、中国の顧客ベースの拡大に合わせてパーソナライズされたサービスを提供するために設計したカスタムプラットフォームである「LVMH ATOM」を強化しています。さらに、LVMHはアリババクラウドの機械学習プラットフォームであるPAIを活用して、同社のすべてのブランドにわたって中国の消費者の嗜好性に合わせたカスタマイズサービスを開発しています。

今回のグローバルパートナーシップ拡大の発表は、ティファニーとショーメのラグジュアリーリテール事業におけるTmallの統合に続くものです。これまでに、LVMHはTモール・ラグジュアリー・パビリオンと提携し、アリババのデジタル機能を活用して、三次元製品ディスプレイ、バーチャル試着、ライブ配信などの魅力的な体験を提供する約30の一流メゾンの紹介に成功しています。両社はまた、有名なラグジュアリー施設のデジタル再現、商品レビュー、メンバーシッププログラム、個別相談など、さまざまなオムニリテールイニシアティブでの協力も拡大しています。この戦略的な動きは、LVMHのラグジュアリー体験を中国の数百万人を超える顧客に提供し、その魅力を広めることを目指しています。


LVMHについて 

LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンは、ワインとスピリッツ部門において、Moët & Chandon、Dom Pérignon、Veuve Clicquot、Krug、Ruinart、Mercier、Château d’Yquem、Domaine du Clos des Lambrays、Château Cheval Blanc、Colgin Cellars、Hennessy、Glenmorangie、Ardbeg、Belvedere、Woodinville、Volcán de Mi Tierra、Chandon、Cloudy Bay、Terrazas de los Andes、Cheval des Andes、Newton、Bodega Numanthia、Ao Yun、Château d’Esclans、Château Galoupet、Joseph Phelps、およびChâteau Minutyを含むブランドポートフォリオを持っています。ファッションとレザーグッズ部門には、Louis Vuitton、Christian Dior、Celine、Loewe、Kenzo、Givenchy、Fendi、Emilio Pucci、Marc Jacobs、Berluti、Loro Piana、RIMOWA、Patou、Barton Perreira、およびVuarnetが含まれます。LVMHは、香水と化粧品セクターにおいて、Parfums Christian Dior、Guerlain、Parfums Givenchy、Kenzo Parfums、Perfumes Loewe、Benefit Cosmetics、Make Up For Ever、Acqua di Parma、Fresh、Fenty Beauty by Rihanna、Maison Francis Kurkdjian、およびOfficine Universelle Bulyを展開しています。LVMHの時計とジュエリー部門には、Bulgari、Tiffany & Co.、TAG Heuer、Chaumet、Zenith、Fred、およびHublotが含まれます。LVMHは、DFS、Sephora、Le Bon Marché、La Samaritaine、Groupe Les Echos、Cova、Le Jardin d’Acclimatation、Royal Van Lent、Belmond、およびCheval Blanc hotelsを通じて、セレクティブリテイリングおよびその他の活動にも関与しています。

アリババグループについて

アリババグループのミッションは、『あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる(To make it easy to do business anywhere)』です。アリババグループは未来のビジネスインフラを構築することを目指しています。顧客がアリババで出会い、働き、生活し、102年続く企業を目指しています。

アリババクラウドについて 

2009年に設立されたアリババクラウドは (www.alibabacloud.com)、アリババグループのデジタルテクノロジーとインテリジェンスの中枢です。アリババクラウドは、エラスティックコンピューティング、データベース、ストレージ、ネットワーク仮想化サービス、大規模コンピューティング、セキュリティ、管理およびアプリケーションサービス、ビッグデータ分析、機械学習プラットフォーム、IoTサービスなど、あらゆるクラウドサービスを世界中のお客様に提供しています。IDCの調査でアリババクラウドは2018年以降、Infrastructure as a Service(IaaS)分野で世界3位のサービスプロバイダーに認定されています。また、ガートナーには、アリババクラウドは2018年以降、売上高で世界3位、アジア太平洋地域で1位のIaaSプロバイダーとして認定されています。

Tモール・ラグジュアリー・パビリオンについて 

2017年にスタートしたTモール・ラグジュアリー・パビリオンは、ラグジュアリーショッピングにおける中国トップのオンラインデスティネーションです。アパレル、化粧品、宝飾品、時計、家庭用品など、数百もの世界有数の高級ブランドやプレミアムブランドが出店しています。

 

© Marie Flament