マーケティングマネージャー MAKE UP FOR EVER - LVMH グループ / 東京

  • 会社: Make Up Forever Japan
  • 場所: Japan
  • 活動分野: パフューム&コスメティックス
  • 雇用形態: 正社員
  • 職: マーケティング
  • 必要な経験: 5年以上
  • リファレンス: MUFE00535
  • 公表年月日: 2018年08月30日

About This Opportunity

MAKE UP FOR EVER Japanオフィス エントランス    

MAKE UP FOR EVERでは、目標達成 (利益、シェア率等)に向け、商品、メディア、PR活動等、あらゆるマーケティング戦略の立案、実施をご担当いただくマーケティングマネジャーを募集しています。

日本法人には約10名が在籍しており、小さい組織ながらチームがお互いを支え合い、和気藹々と仕事をしています。
弊社ジェネラルマネジャーは快活でスピード感があり、仕事に対する責任感も強く、メンバーとのコミュニケーションも非常にオープンで、弊社のロールモデル的存在です。

社員一人一人が効率的にやりがいを持って仕事ができる環境づくりを大切にしている為、ワークバランスもとりやすい環境です。

また、社内及びLVMHグループ内他ブランドの両方でキャリアを積めるチャンスが用意されている為、キャリアアップを図りながら安心して長期就業が目指せます。


Profile

  • ブランドジェネラルマネジャーの指示を仰ぎながら中長期売り上げ目標達成に向けたマーケティング計画の立案、実行
  • マーケティング計画・プロジェクトの生産性及びA&P予算の管理
  • ブランド認知度・売り上げ向上に向けた戦略の立案・実行
  • よりコストパフォーマンスの高いPR活動の計画・実行 (定期的なミーティングの設定やイベントに プレス、メイクアップアーティスト、フリージャーナリスト、インフルエンサーを招集するなど、低コストで効果的なPRのチャンスを作る)
  • PR活動に必要な販促物の作成、プレスリリースの配信、プレスブック、カタログやリーフレットの準備
  • 実行したマーケティング計画の経過観測、結果分析
  • 競合の動向・PR活動の調査・分析
  • エデュケーションチーム、リテールセールスチームとの連携
  • 消費者トレンドに合わせた計画の立案・実行
  • 消費者動向、市場調査、競合情報の分析 (各関係者との連携及び店舗訪問、アンケートの実施等)
  • リージョナルのマーケティング / PRチームとの連携 (リージョナルマーケティング戦略の理解、分析及び必要に応じたレポート作成)
  • リテールセールスチーム・リージョナルMDと連携し、各店舗の傾向並びにブランドガイドラインに沿ったVMDの徹底及びCRMプログラム実施のサポート
  • フォーキャスティングチーム、ロジスティックスチームと連携した効率的な店舗ストックフォロー
  • 部下のマネージ・育成

About You

  • 4年制大学卒業
  • 5年以上のブランディング・PRマネージメント(コスメ関連だと尚可)の経験
  • 日本市場の美容業界・小売ビジネスの効果的なPR方法をしっかり把握している方
  • 日本語・英語:流暢 (話す・読み書き)
  • クリエイティブですぐにアクションを起こせる方
  • コミュニケーション能力が高く、交渉力・対人折衝力にたけている方
  • メイクアップに興味がある方
  • 好奇心旺盛で新しいことに挑戦するのに物怖じしない方
  • チームプレイヤー

About MAKE UP FOR EVER

1984年フランス パリにて創立し、1999年よりLVMHグループの傘下に入りました。
以来、プロのメイクアップアーティストが作りたいと思うどんな表現も可能にする為に、処方・機能・テクスチャー、発色など全てにおいてこだわり、追求し続けたプロフェッショナルコスメティックスを提供しています。

その豊富な品揃え、プロフェッショナリズム、メイクアップ技術の教育は世界中のプロフェショナル、また多くの一般の方々を魅了し、現在メイクアップフォーエバーは、全世界60カ国以上、 2200箇所以上で展開する国際的なブランドに成長しました。

最近、東京で最も話題のスポットであるGinza Sixに日本初のフラッグシップストアをオープンする等、国内でも今後も益々の展開拡大が見込まれています。

GINZA SIX店舗 

応募する

パフューム & コスメティクス

フレグランス、メイクアップ、スキンケア市場で中心的な役割を担うパフューム & コスメティクス事業のグループには、歴史あるメゾンだけでなく大きなポテンシャルを持った新興ブランドも名を連ねています。

事業グループを詳しく見る